北海道伊達市の個別指導型学習塾・進学塾MIEC【みーく】

G個2017

グループ個別指導とは

画像の説明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

MIECのグループ個別指導は一人の講師が10名以下の生徒を指導する「自立型個別指導」の形態です。これにより・・・

◎個別指導の割に集団塾並みの価格です。

◎生徒一人一人を仕切りや個室に押し込めることはせず、風通しの良い一般の教室で他の生徒と一緒に個別指導の授業が進むので、刺激競争心がほどよく漂います。

◎ある生徒が学校で得たテスト情報などを他生徒と共有し、タイムリーで的を射たテスト対策を柔軟にこなすことができます。

◎先生から生徒へ「教える」より、生徒から先生に「質問する」力を養成します。生徒につきっきりの個人指導ではないので、必然的に生徒自身の努力が要求され自学力につながります。

◎授業中の質問は「美徳」という価値観をいきわたらせて積極的に質問させる反面、安易に解法や答えを教えることをせず、適切なヒントを段階的に与えることで生徒の脳をできる限り使わせます。

1対1の家庭教師でも結果が出ない理由は、先生と生徒の馴れ合いや、優しく教えすぎるところにあると思います。「どうして一人の先生が何人も同時に個別指導できるのですか?」とか「授業中に先生がついていない生徒はどうして勉強できるんですか?」という質問をよく受けます。一言でお答えするなら「やる気を引き出す指導」だからです。

MIECの「やる気を引き出す指導」について

確実に成績アップを実現するパワーが生徒の「やる気」です。
MIECは国数社理英の学習指導を通して、常に生徒のやる気を引き出すことに軸足を置いています。MIECで生徒と対峙する中で実践していることは3つあります。
①褒めること…成績が上がったときはもちろん、学校の小テストが良かったとき、字がきれいになったこと、姿勢が良いこと、目が生き生きとしているときなど、美点凝視で褒めるべき芽を見逃さないように心がけています。

②叱ること…褒めるだけでは伸びない生徒さん、静かに話してもわかってもらえない生徒さんがいるのは現実です。そこでご家庭でも学校の先生でもない塾の先生に叱られることは、実社会に通用しないことをストレートに知る機会でもあります。時に涙する生徒さんもいますが、そのような生徒さんほどMIECに通った意味があるということです。

③先生が努力すること…生徒に努力させるからには、先生はそれ以上の努力が必要であると考えます。日々の教材作成、指導準備、保護者との連絡、施設の補修など、やるべきことは山積みです。

これらの実践により生徒との信頼関係が構築できたとき、改善の時が訪れます。例を挙げます。学年200人中170番前後でしたが「絶対にMIECは行きたくない!」と言い張ったある中1男子は、お母さんに首根っこをつかまれてMIECに通った甲斐あって、中3で最高30番台になり、今では立派な新卒ビジネスマン。「分数の足し算引き算もままならないばかりか、恥ずかしがり屋で質問もできないでしょう…」とお母さんが心配していた女の子は中1からMIECに通い、伊達市の進学校を経て今や正看護師です。 中2時点で内申点が低く「室蘭栄を希望しているのだが学校の先生にも志望校を下げるように言われてしまった…」と嘆いていた男子は一念発起して中3からMIECに通い、内申点を学力点で克服し見事栄理数科に合格。今は北大卒生です。「改善の時」は津波のように劇的に訪れる生徒さんもいれば、徐々に現れる生徒さんもおり、個人差はありますが、MIECは全ての塾生にその時が来るまで弛まぬ努力指導を継続します。

ご入会までの流れ

ステップ① パンフレットやホームページをお読みください。

このMIECホームページやパンフレット、そしてチラシなどにはMIECのシステムや特徴などの重要事項はすべて記してあります。まずはお読みいただき、ご不明な点などはお電話やメールなどでお問い合わせ下さい。

ステップ② カウンセリングをいたします。

 実際にお会いしましょう。MIECへいらしてください。ここでお会いするのは保護者様とMIEC塾長(または講師)での二者面談となります。もちろん生徒さんが同席しても構いません。生徒さんが成人の場合は生徒さんのみで結構です。このとき、生徒さんの将来の夢・進路希望・勉強に関する困り事など、遠慮なくお話ください。こちらからはMIECの内容を更に詳しくお話します。日時を調整いたしますので、ご連絡ください。

ステップ③ 無料体験をどうぞ。

 入会をご決定なさる前に、是非、無料体験を受けてください。無料体験はカウンセリング時にお申し付けください。カウンセリングを経ずに無料体験はできません。無料体験は1または2コマで、教材はこちらからご用意いたします。体験後、充分なお話し合いのあとでご入会ください。

ステップ④ お申込書の提出。

入会をご決定なさったら、お申込書の表面をご記入になり、裏面の「お約束」をお読みになって、ご署名・ご捺印いただいた上でご提出ねがいます。お申込書をご提出いただいた翌月からの開始となりますので、例えば9月から開始ご希望の場合は8月末日までのお申込が必要となります。お急ぎの場合、月の途中からのご入会となり、日割り計算にて算出いたします。 お申込時にお支払いは不要です。入会金、教材費などもすべて、お月謝と同じ「毎月1日に口座振替」でのお支払いになります。

入会後の流れ

●個別懇談

小中高生の保護者様と、春・夏・冬の年に三回、塾長と個別に懇談する機会をこちらから設定させていただいております。懇談では、学習状況や進路についてはもちろんのことですが、日頃の生活態度などについての情報交換をいたします。身も心も激しく変化する小中高生ですから、学習塾の立場としましても出来る限り生徒達の「人間形成」に貢献することができればこの上ない喜びであります。

●連絡ツール

生徒さん本人、保護者様との連絡のやりとりのツールとしまして、お電話の他に、ファックスやEメールを活用しております。特に携帯電話やパソコンのEメールでのやりとりは連絡事項にとどまらず、テスト前の激励や勉強方法のアドバイスなど通常授業以外にも気軽に活用できるため、信頼関係の構築に大きく役立っております。ご協力をお願いいたします。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional