北海道伊達市の個別指導型学習塾・進学塾MIEC【みーく】

高志会2022

高志会(高校生・過卒生)の内容

自学自習型の「高校授業補習」「大学受験対策」です。義務教育から離れ、自分の人生にとって更なる学問向上を望む・・・その高い志を持った生徒の集まりと考え、小・中学生コースと一線を画するために「高志会」という別名を敢えてつけております。まず、高志会の学習のベースである自習方法「SE」のご紹介。


SEとは・・・

■Self(自己)の頭文字に由来する、効率良い「自学自習」の実現を図る高志会ならではの自習スタイルです。予備校有名講師の授業や高額な教材システムはもちろんそれなりの効果は期待できます。しかしこれらの主な役割は「動機付け」(20%)と言えます。現実の学力アップの底辺には、一定期間にわたる自主性に裏付けされた相応の「自主学習」(80%)が必ず必要です。そして結局役立った教材は「高校から全員に配布されているワークだった」「学校で受けた模試の解説だった」という声も聞きます。SEの狙いは「動機付け」はもとより、この「自学自習」の学習環境の提供にあります。■雑音がなく、空調の整った部屋で、参考書・進路資料。インターネットなどがいつでも自由に使える空間です。自由と言っても50分授業+10分休憩の繰り返しは例外なく全員に厳守してもらいます。MIECに足を踏み入れさえすれば、集中を余儀なくされる空間が待っているのです。もちろん周りは同じ志をもって勉強に勤しむ生徒ばかりです。休憩室での情報交換や談笑もメリハリある学習に有効です。■また、SEはあくまでも生徒自身の自学自習において熟考してもらいますが(熟考することが実力養成につながります)、生徒さんが熟考しても「わからない」という場合は、質問ができます。この質問で回答を得るチューターリングだけではなく、講師とのコミュニケーションを通して勉強法や進路相談などのコーチングを受けることができます。

★SEでの質問は「劣後回答」となります。※劣後回答とは、自習室から質問のあるときだけ小中学生の授業をしている講師の所へ行って、後回しで回答を得る方式


質問の仕方は通り・・・

■学校の宿題から大学受験問題など、どんな質問にもMIEC講師が丁寧に回答します。
①授業質問毎週水曜日か金曜日の⑨⑩コマ目の「Q」コマという個別指導授業に参加してもらいます。Qコマは質問に優先回答してくれるオンライン講師を常設する教室での自習です。授業中に思う存分質問して納得いくまで回答を得てください。※英語・数学・物理の質問が可能です。

②自習質問SEの最中に自習室から講師の居る教室に来て質問ができますが、小中学生の授業中の講師による劣後回答です。SEは自由にいつでも予約して参加できますが、質問はいつでもできるとは限りません。
③質問票自習室にある「質問票」に質問内容を記入し所定の箱へ提出すると、添削回答を得られます。質問したいテキストをコピーし(コピー無料)、質問内容をメモして提出しても構いません。
※回答は翌日以降になりますが、納得いくまで質問と回答を繰り返すことができます。



コース】
■週1回(2コマ)のQコマと呼ぶ定期授業と、自分の都合に合わせて無制限に参加できるSEを組み合わせたコースです。学校の予習・復習、考査対策、受験勉強に、「第二の勉強部屋」としてMIECの集中空間と質問環境を活用してください。※宿題はありません。※SEは無制限ですが前日17:30までに予約フォーム(詳細別途)からの予約が必要です。
■Qコマは毎週水曜日か金曜日の⑨⑩コマ目で、質問に優先回答(SEでの質問は劣後回答)してくれる講師の居る教室での自習です。(水)か(金)のどちらかの選択となります。
※選択したQコマは予約不要です。自習中心のSEで、先生との接点が皆無になってしまうのを防ぐ措置でもあります。
※Qコマでは、質問せず自習することもできます。
※Qコマでは、難度の高い質問にも即時回答できる講師は限定的なため、オンライン対応となります。



コース】
■Qコースの内容に「C」(チェック)が加わるコースです。つまり、自習と質問だけでは心もとなく、どの教材をいつまでにどの程度の理解度で学習を進めてゆけばよいか不安な生徒さん向けのコースです。教科は数学と英語です。
■学校の教科書やワーク、塾指定の教材から宿題がでます。そして個別指導の授業中に質問して回答をもらうのはもちろん、例えば数学の解き方が適切かどうか、英文解釈のSVOCがとれているかどうか、再現解答できるかどうかなど、理解度や定着度をチェック(C)しながら進めます。
■「進度表」の記録で、常に進捗状況を生徒と先生で共有します。
■通常授業は週1回(2コマ)以上を選択し、教科は英数から1または2教科です。
■通常授業で進度に遅れが生じたときはSEを追加することでカバーできます。例えば通常授業は週1回で、SEに毎日参加することも可能です。
■Qコースより先生との接点が多いコースですので、十分なコーチング・チューターリングを受けることができあます。


【その他の内容】

1.速読(テラス):MIECの速読は速く読むだけではない、理解力を伴った速読です。MIECが速読プログラム取り入れた理由は、①本が好きになる、②普段の勉強に役立つ、③受験に役立つからです。速読が国語力のアップのみならず、学力全般への効果が大きいことは、MIECの過去生はもとより、全国の導入事例で実証済みです。
※塾生は特別料金です。※希望者のみの受講となります。

2.振替:MIEC側の都合で休講になった場合、振替授業を行います。

3.欠席:生徒側の都合による欠席の振替授業は一切行いません。その代わり「SE」を無制限にご利用いただけます。

4.臨時休講:天災や講師の都合により臨時休講となる可能性があります。その場合、年間に合計2週間までの休講分は振替授業を行いません。日々のSEで補完いただきます。年間に2週間を超える休講分については振替授業を行います。

5.授業日程:QCコマは(水)(金)の9-10コマ目(19:40~21:30)ですが変更する場合があります。SE可能コマMIECホームページの「スケジュール」や「予約フォーム」にて確認できます。
※全生徒の「予約フォーム」登録が必要です。

6.講習会:春・夏・冬の長期休暇中は、それぞれ一週間以内の休講はありますが、原則として月々の通常授業コマ数は消化します。更に、高3生や過卒生は共通テスト対策や個別試験対策、高1・2生は休み明け模試対策などに向け、QCコマ数を長期休暇中のみ増やすことが出来ます。その追加授業がいわゆる講習会にあたります。1コマ単位で追加可能です

7.1対1完全個別:先生を独り占めできる、先生一人と生徒一人の完全個別指導の内容はコチラです。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional